☆゚+。:.1食400〜530kcal(5〜6.6単位)を目指すレシピ・ブログ.:。+゚☆
checkまずは自分の,肥満度(BMI)と標準体重,適正カロリーを計算しよう゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚


ひじきの煮つけ

ひじきの煮物 ひじきヒジキの乾物は,よくスーパーでも色々な量で売られていますよね.
 家は100円くらいの使いきりサイズを買って,作り置きおかず(常備菜)に煮物にしてしまいます<(^▽^)> 


ひじきミネラルが豊富なんですわーい(嬉しい顔)

 ミネラル・・・鉄分は貧血にいいですし,海藻に多く含まれるヨウ素は甲状腺ホルモンの原料になって,やる気などを向上してくれます.そして注目なのが,亜鉛です.亜鉛はインスリンの原料なんですよ(^▽^) 不足すると,糖代謝に必要なインスリン不足にもなりやすいので,ミネラル補給に海藻を食事に加えるのがいいですね☆ 

 今回は,大豆を水戻しして水煮にするまでの手順も記録してみました(^^v
 
 

<材料・・・30皿分679kcal>
乾燥ヒジキ35g 
(海藻は普通カロリー計算しませんが,
   表記があったので149kcal)

乾燥大豆100g   (400kcal)
にんじん1/2本     (30kcal)
油揚げ1/2枚    (40kcal)
砂糖大さじ1     (20kcal)
酒・みりん・しょうゆ (40kcal)
粉末鰹だし
水1/2カップ〜
梅干1個 (妨カビ剤として入れます) 

1回小鉢で食べる分で23kcal程度ですかね.


では,作り方です手(グー)

大豆 水煮 作り方 大豆は3時間〜半日(一晩)たっぷりの水につけておくと,綺麗に水を吸って丸型から楕円の大豆の形に膨れます.あくが強いので,時々水を入れ替える必要があります.その大豆を,1〜2時間ほど弱火でゆでてから,調理に使います.
 
 乾燥ヒジキはたっぷりの水で30分くらいつけておき,その後絞って十分水を切ります.ヒジキに味がしみるように,水分を減らしたいんですよ〜♪

 私は油揚げを大量買いして,一気に熱湯で油抜きをして水洗いをしたものを,冷凍ストックしていますわーい(嬉しい顔) それを凍ったまま細かめに切りました.

 ニンジンも細切りにし,水を切ったヒジキと一緒に(できれば油を使わず)鍋で炒ります.十分水分が飛んで,にんじんも透き通ってきて,チリチリ音がしてきたら,油揚げと大豆を入れ,火が大体通ったら,調味料を甘いものから入れていきます.水分が具に浸るくらいまで水を足し,粉末鰹だしとしょうゆで味を調えます.最後に『梅干』を投入して,軽く混ぜます.

 沸騰したら,落し蓋か鍋の蓋をして弱火でコトコト煮て,煮汁が減ってきたら,いったん火を止めて1時間ほど置いておきます.煮物は火を止めて,熱が下がると同時に,具に味がしみていきます(←はたけ(^ω^)さんのプチ情報).おでんやカレーでも,2日目が美味しいのと同じ理由です.夕飯用に作るなら,昼食後に煮て,夕方まで冷まし,また温めなおす.それから,タッパーなどで保存してください.
 ひじきの煮物


梅干の酸味で妨カビ効果があるので,1〜2週間は持ちますよ.



  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | 常備菜レシピ