☆゚+。:.1食400〜530kcal(5〜6.6単位)を目指すレシピ・ブログ.:。+゚☆
checkまずは自分の,肥満度(BMI)と標準体重,適正カロリーを計算しよう゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚


きのことたまごのサラダ

kinoko-ege.jpg スーパーで見つけたドレッシングに、きのことベーコンのエッグサラダが紹介されていました。

 ベーコンは脂質やカロリーが気になるので、手軽なきのことたまごのサラダとして紹介します。
 
 きのこだねを作っておけば、火を使うのはスクランブルエッグだけなので、朝食作りにも楽ですし、バランスの良いメニューになると思いますよわーい(嬉しい顔)
 
  
<材料・・・3人分・・・(写真が1人分)> 
 卵3個           240kcal
 レタス4枚          30kcal
 ミニトマト9個        30kcal
 マイタケ1.5株        0kcal
 サラダ油大さじ1      80kcal
 塩コショウ・水

合計380kcal  1人分127kcal(写真が1人分)

 味付けにはドレッシング(このメニューのオリジナルを紹介していた、
キユーピー すりおろしオニオンドレッシング1人大さじ1~2杯(34~68kcal)使用します。


 作り方はいたって簡単です。
 
 お皿にレタスを敷きつめます。
 
 きのこと少量の水をフライパンに入れ、蒸し炒めにしていきます。
 フッ素加工のフライパンだと、油なしでもきのこを焦がさず調理できるので便利です。きのこは量が減って少し焦げ目がつくまで火を通しましょう。
 
 きのこをレタスの上に盛りつけます。
 
 同じフライパンにサラダ油大さじ1を入れ、スクランブルエッグをつくります。炒り卵のように細かくはせず、オムレツのようにふんわり仕上げがベター。
 
 フッ素加工のフライパンなら、油が無くともスクランブルエッグを焼けるのですが、底にこびりつくのが怖い場合は油を使っても良いと思います。油があるとよりふんわり焼けます。
 
 レタス・きのこの上に、スクランブルエッグをのせれば出来上がり晴れ
 
 
 ドレッシング1杯分を足した161kcalを、糖尿病食で単位計算の基準となる80kcalで割ると、きのことたまごのサラダは2単位になります。

 朝食メニューを組み立てると、きのことたまごのサラダ2単位に、6枚切りの食パンのトースト1枚(2単位)、ザク切りキャベツとトマトのスープ(0.5単位)で4.5単位になります。5単位未満なのでとてもヘルシーになりますかわいい

 
 きのこはカロリーゼロなので、お好みで種類や量を増やしてください。しめじやエリンギでもおいしいです。きのこは食物繊維たっぷり。量増し食材としてダイエットの力強い味方です。
 
 なお、きのこだねを前日に大量に作っておけば、忙しい朝でも簡単に準備できますし、きのこだねが余ったらスープやおかずに加えることができるので、常備菜として準備しておくと重宝します。
 
 今回はすりおろしオニオンドレッシングでしたが、酢・しょうゆ・すりごまで手作りしたノンオイルドレッシングでも、美味しくいただけます。

 
         


  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | 朝食・おやつレシピ