☆゚+。:.1食400〜530kcal(5〜6.6単位)を目指すレシピ・ブログ.:。+゚☆
checkまずは自分の,肥満度(BMI)と標準体重,適正カロリーを計算しよう゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚


きのこ蕎麦

kinoko-soba.jpg ブログ名が「畑のきのこ」ですから、きのこ料理・レシピを増やしていこうと考えています。

 で、そろそろ夏だし暑いし、やっぱりこの時期はお蕎麦かなと思い、ツルツルっといける「なめこ」主体のきのこ蕎麦を作りました。

 なめこダネは、たくさん作っても3日くらいは冷蔵保存ができますので、なめこ丼にしても美味しいですよ。

※なめこは買ってきたら早めに調理してください。経験上、他のきのこに比べ、長期保存すると味が変になりますので・・・。


 ちなみに、なめこのヌルヌル成分はムチンという成分で、消化吸収を助けたり肝機能の働きを付ける効果も期待されています。

 なお、糖尿病食レシピということで、蕎麦の摂取量は控えるため、蕎麦生めん2パックを3人分にしました。

 また麺つゆですが、メーカーによって希釈倍率やカロリーが異なるので、今回のカロリーは目安です。



<材料とカロリー(3人前)>

 蕎麦2パック   360g  240kcal
 麺つゆ      約70g    90kcal

●なめこダネ●
 なめこ     1パック  
 えのき     1パック
 昆布の佃煮  30g  約52kcal
 麺つゆ     大さじ2  14kcal


 合計 396kcal、1人132kcal。  

 糖尿病食ダイエットの計算では、80kcalを1単位とし、1食5〜6.6単位で済ませるのが目標です。

 今回のきのこ蕎麦は、1人約1.7単位になります。

 主食としてはかなりヘルシーですね。

 副菜や汁物などに、あと3.3〜4.9単位も加えられます。

 これなら寒天デザートなども加えられそう。


■作り方とポイント■

 なめこダネの作り方ですが、まずはなめこの下ごしらえから。

 なめこはザルに入れて軽く水洗いするか、または熱湯でさっと湯がいて余分なぬめりを落とします。

※ポイントとしては、洗いすぎ、湯がきすぎに注意してください。ぬめりが薄くなってしまうので。

 はたけ家では、カットしたえのきなめこと一緒に2分湯がき、ザルを使って流水に取り、よく水気を切ります。

 なめこ・えのき・昆布の佃煮・麺つゆを和えて、なめこダネの出来上がりです。

※なめこダネは和えるボウルの下を氷水で冷やすか、完成したら冷蔵庫で冷やしてください。

 蕎麦を茹でて冷水でしめ、蕎麦を器に盛り付け、なめこダネをのせて出来上がり。

 食べる時に麺つゆをかけて、和えながら味の濃さを調整して下さい。


 >>中華サラダ 
 >>もやしのお袋 

  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | 麺類・粉物レシピ