☆゚+。:.1食400〜530kcal(5〜6.6単位)を目指すレシピ・ブログ.:。+゚☆
checkまずは自分の,肥満度(BMI)と標準体重,適正カロリーを計算しよう゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚


食べれる黒豆茶にハマっています

 先日、知人から『黒豆茶』を頂きました。

 一般に売られている、ティーバッグのタイプでなく、小粒の黒豆をたっぷり頂きまして、お湯を注いでしばらくすると、黒豆まで食べられる・・・という黒豆茶なんです。

 街でも探したのですが、なかなかこれが見つからず、どこで知人さんがお求めになったものなのかも判らず、とりあえずAmazonで調べると、それらしいものは見つかりました。

 ですが、まだ頂き物の黒豆茶が残っているので、Amazonさんの黒豆茶は購入していません。

 街で見つけたらそちらを試すつもりですし、見つからないまま黒豆茶が底をついたら、Amazonさんで購入してみる予定です。

 というのも、結構、ダイエット効果がありまして、正月太りが少し解消しました。


  実は、秋から正月にかけて、5kgほど太ってしまいまして・・・(思い当たる節はたくさんあります)、といって、体調不良で運動・散歩もできず、過食と言うほどではないけど、食事して運動なしの生活のせいで、体重増ということなんです。

 頂き物の黒豆茶は豆好きの私にとっては、とっても美味しく、腹持ちも良く、朝食代わりにしたところ、お通じが良くなり、女性ホルモンのバランスも良くなったみたいでして、体調が少し良くなりました。

 そしてなんと、黒豆茶を飲み、お茶に使っている黒豆を食べ始めてから2週間ほどで、1.5kg、体重が減りました

 便秘解消ってのもありましたが、その後も1週間たたない間に、さらに1kg減りました

 具体的には、黒豆茶だけでなく安い減肥茶もブレンドし始めたんです。

 黒豆ブレンド茶の飲み方は次の通り。

 
kuromamecha01.jpg

 大さじ1杯の黒豆にお湯を注ぎます。

 最初は色が淡いですが、数分後には烏龍茶みたいな色になります。

kuromamecha02-min.jpg

 味はあっさりした大豆風味。豆の味は、あれですよ、節分の豆まきの豆を食べている感じです。

 豆は最初はカリカリと硬いですが、数分後にはちょっとふやけた柔らかさになります。


 そして登場するのが、山本漢方のお手頃価格の減肥茶。

kuromamecha03-min.jpg
 

 減肥茶はティーバッグタイプで、1袋、黒豆茶に投入します。

kuromamecha04-min.jpg

 なお、ブレンド茶が温かいうちに、豆を食べてしまいます。

 豆好きには至福の時(=ω=)

 お茶が冷めてしまうと、黒豆は美味しく感じないんです、私の場合。


 ちょっとの量ですが、カリコリと歯ごたえもあり、腹持ちも良いので、小腹がすいたときや、朝食代わりに黒豆茶を頂いています。

 また、朝に黒豆茶と減肥茶のブレンド茶を飲み、夜には必ず食前に青汁(大麦若葉)を飲んでいます。

 大麦若葉の青汁もおなかの調子を整えてくれているようです。



 最近、外食の機会が増えたので、体重減少が緩やかになっていますが、外食したのに体重が急増していないのは、黒豆茶+減肥茶と青汁のおかげかな・・・と、勝手に思い込んでいます。

 食事のバランスとプラスαで、増加した体重を減らしていきたい、2016年でございます。



  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | Comment(0) | 情報・ニュース・その他



この記事へのコメント