☆゚+。:.1食400〜530kcal(5〜6.6単位)を目指すレシピ・ブログ.:。+゚☆
checkまずは自分の,肥満度(BMI)と標準体重,適正カロリーを計算しよう゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚


ダイエットの味方になってくれる、体組成計・体重計

 いやぁ〜、最近の体重計・体組成計というのは、高機能になってきましたね(^ω^)

 何カ月もの値を記録してくれたり、目標値を入れるとカウントダウンなんかしてくれたり。

 前回の体重との比較を、100g単位で表示したり、骨格筋率なんてのも表示してくれたり。

 さらに凄いのは、医療分野レベルの体組成計で、筋肉の質まで答えてくれる!!

 技術の進化と言うのはもの凄いものですね。

 具体的には次の3アイテムが、最近のお勧め体組成計・体重計だそうですよ(・ω・)



Panasonic の『体組成バランス計 EW-FA43

 

 過去(前回値/1、2、3週間前/1、2、3、6、12カ月前)との比較で体重の増減をチェックできる機能が搭載されています。

 さらに、1カ月の減量目標を入力でき、測定値から目標までの数値をカウントダウン表示してくれます。ダイエット向きの体組成計と言えるでしょう。

 また、androidスマホに対応していて、グラフで体重遷移が判るし、ランチや夕食のメニューアドバイスなんかもしてくれるそうですよ!

 外食が多い人・自炊する人、特に女性にお勧めでしょうかね(^ω^)

 詳しくはパナソニックのページもチェックしてみましょう。


OMRON 体重体組成計 HBF-224 カラダスキャン

 

 前回測定値との体重差が100g単位で表示される機能を搭載しているので、体重の変化が一目で確認できます。

 骨格筋率を測定できるので、筋力トレーニングの効果も分かりやすいのが特徴。

 過去の測定データから、乗るだけで誰が乗ったかを推定する自動認識機能も便利です。

 6歳からでも体脂肪率、骨格筋率、基礎代謝の測定が可能なので、子供のころから肥満対策・健康管理ができますね。

 家庭向け仕様の体重計・体組成計といったところでしょうか。

 オムロンのサイトで詳細をチェックしたい方は下記のリンクへ


●TANITA デュアルタイプ体組成計 インナースキャン デュアル RD-903

 

 とにかく、タニタは凄い!!

 50g単位で測定できるだけでなく、スマホもandroidだけでなくiPhoneにも対応し、多彩なアプリを提供しています。

 その凄さは半端がありません。

 50g単位と言う正確さは、医療分野で主流となっている2つの周波数(デュアル周波数)を使用することで、体の細胞レベルの変化を反映し、体組成を高精度でチェックすることができるから。 

 加えて、世界初の技術!!筋繊維の状態を分析し、筋肉の質を点数化する機能を搭載しているんだとか。

 これ程の充実ぶりなら文句なしに、運動継続のモチベーションアップ間違いなしでしょう。

 ここまでくると、ダイエットの本気度を試される気がします。

 タニタの体組成計のスペシャルサイトは下記のリンクへ


●おまけ レシピ本紹介●
 


 


※この記事は、デジモノステーション 2016年 7月号 [雑誌]を参考にしております。2016年6月17日

  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | 情報・ニュース・その他