☆゚+。:.1食400〜530kcal(5〜6.6単位)を目指すレシピ・ブログ.:。+゚☆
checkまずは自分の,肥満度(BMI)と標準体重,適正カロリーを計算しよう゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚


キノコのきな粉和え

お久しぶりの、はたけです(・ω・)
 kinoko-kinakoae2019.jpg
 もうすっかり秋めいて、キノコのシーズンとなりました。

 我が家では、お鍋にみそ汁に煮物にと、キノコが色んなところに入っています。

 春にもう一つのダイエットブログで紹介した、菜の花のきな粉和えを、きのこバージョンで作ってみました。

 絵的には、、、キノコに菌糸が付いているようにも見えますが、これはきな粉と砂糖です。

 味は乙で手軽に作れる一品なので、気になったらお作りください(´ω`)


   
<材料とカロリー(2人前)>
 
 エリンギ      3本  ほぼ 0Kcal とみなします
 
 きな粉       大さじ1       約30Kcal
 砂糖        小さじ1       約20Kcal
 醤油        大さじ1       約10Kcal
 
 カロリーの割合は調味料の方が多く、食材すべてを合計すると60Kcalです。

 今回は2人分ですので、1人分で30Kcalとなります。 

 糖尿病食ダイエットの計算では、80kcalを1単位とし、1食5〜6.6単位で済ませるのが目標です。

 なお簡易的に、このブログではキノコ類を 0Kcal としていますが、正確にはキノコ類も若干量のカロリーがあります。

 その証拠に、キノコには甘みがあります。甘めのキノコには、若干のカロリーが生じるということです。
 
 ですが、それ以上にキノコの食物繊維やキノコキトサンといった、ダイエットに良い成分が豊富に含まれていますので、積極的に摂取したい食材です。

 もう一つのダイエットブログで紹介した『菜の花(菜花)のきな粉和え』では、少し苦みのある菜の花を使いましたが、今回は甘めのキノコなので、砂糖の分量が少なめです。
  
■作り方■

 エリンギは水洗い等せず、電子レンジで柔らかくなるまで加熱し、水気をペーパータオルで取ります(他のキノコを使う場合、石づきを取ってくださいね)。

 お椀やボウルに、きな粉と砂糖を混ぜ、玉状の砂糖が多いならある程度つぶします。それから醤油を投入し、練り混ぜておきましょう(以後、きな粉ペーストと表記)。  

 ※加熱したキノコ(エリンギ)ときな粉ペーストは、食べる直前に混ぜてください。

 これで季節の一品のでき上がり。 

 キノコ料理は秋以降が旬です。寒い時期ですので、温かいうちに召し上がるのが良いかと思います。

 余ったきな粉は年始の安倍川餅にも使えますし、青菜を和えても美味しいです。



 2019/11/15

  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | Comment(0) | おかずレシピ



この記事へのコメント