☆゚+。:.1食400〜530kcal(5〜6.6単位)を目指すレシピ・ブログ.:。+゚☆
checkまずは自分の,肥満度(BMI)と標準体重,適正カロリーを計算しよう゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚


2020年版:ビタミンD摂取目安量が増える!

 最新の食事摂取基準(2020年版)では、ビタミンDの目安量が引き上げられますが、アメリカなどの基準と比べると半分程度。現在、日本ではビタミンD不足が懸念されているそうです。また、最新の研究ではビタミンDの多彩な働きが明らかになっています。

 ビタミンDと聞いてご存知の方なら、カルシウムの吸収促進で、骨・歯の健康に繋がるという働きでしょう。ビタミンDやカルシウム不足は、骨粗しょう症の原因になります。
  
 最新の研究では、ビタミンDが筋肉にも働き、高齢者の転倒による骨折を予防することも分かってきました。さらに、免疫調節や抗炎症といった作用もあり、風邪の予防、がんや糖尿病などの生活習慣病に関する有用性、線維筋痛症といった難治性疾患での有用性も示されています。

 現在、日本人は子供や若年女性、高齢者でのビタミンD不足が顕著になっています。具体的には、ビタミンD不足が原因の子供のくる病、高齢者の転倒・骨折や骨粗しょう症の増加です。このような現状を踏まえて、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、ビタミンDの摂取目安が引き上げられました。

 ビタミンDの摂取目安量(1日当たり) 
  
  2015年版:5.5マイクログラム(220IU)
  2020年版:8.5マイクログラム(340IU) 

  ※IU:生体に対する効力を表す国際基準で1マイクログラム=40IUです。

 ただ、この程度の基準引き上げでは不十分という考えもあり、ビタミンD不足に伴う課題解決に繋がるか謎のところもあります。これに対し、アメリカでは、日本の2倍以上、1日当たり20〜25マイクログラム(800〜1000IU)に設定されています。日本と異なりシニア層の推奨量が高くなっていることにも注目されています。 

 なお、ビタミンDは日光浴により皮膚でも合成されるため、今回の食事摂取基準では「適度な日光浴」「日照時間を考慮」など脚注が入っています。しかし高齢者の熱中症リスク、紫外線による皮膚や目への障害、女性は日焼け止めを使うといった現状を考えると、長時間の日光浴を推奨することは適切ではありません。

  ※1日20分程度の日光浴でも、ある程度のビタミンDは体内で作られます。また、日焼けが心配だったり、日中あまり外に出られないなど不足が心配な場合には、しいたけやきくらげといったキノコ類、サケ、いわしなどの魚介類といった食物から摂ることもできます。

 高齢者は皮膚のビタミンDを作る働きが低下していること、屋内で過ごす時間が長いことなどから、ビタミンDが不足するリスクが高いとされます。

 ビタミンDの不足は、骨粗しょう症だけでなく、筋肉の働きにも影響するため、転倒・骨折のリスクが高まります。日本人女性では、転倒・骨折やフレイル(虚弱)は、要介護・要支援の原因の上位となっています。さらに、糖尿病などの生活習慣病はビタミンD不足との関連が知られています。

 フレイルを予防し、健康寿命を延ばすたためにも、日光浴が足りないと思う方は、食事やサプリメントでビタミンDを効率よく補うのが良いようです。

 我が家の母も70歳を超えて、足腰のふらつきが出て来るようになりました。キノコ類をたくさん食べて、ビタミンD不足によるフレイルや骨粗しょう症にならないよう、見守っていきたい所です。



  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | Comment(0) | 情報・ニュース・その他



この記事へのコメント