☆゚+。:.1食400〜530kcal(5〜6.6単位)を目指すレシピ・ブログ.:。+゚☆
checkまずは自分の,肥満度(BMI)と標準体重,適正カロリーを計算しよう゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚


大根の皮とナメタケの和え物

大根の皮 と ナメタケ 和え物 先日,静岡風のおでん で大根の皮を,他のオカズに使用することを書きました. それが,このナメタケ和えなんです.作り置きおかず(常備菜)として便利な一品です.

 おさらいになりますが,,,大根の皮・大根を下茹でするときは,一握りのお米を一緒に入れると,灰汁も取れて柔らかく煮えます...一緒に煮た大根の皮を,流水で洗って冷やしたら,細切りにして,ナメタケと和えるだけで,オカズ1品できましたわーい(嬉しい顔) 

 大根の皮とナメタケの和え物は,大根1/2本分の皮に対して,ナメタケ80g(80kcal)を混ぜると丁度良い味になります.作り置きオカズ,パスタと一緒に和えるなど,重宝する一品です.

  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | 常備菜レシピ

ひじきの煮つけ

ひじきの煮物 ひじきヒジキの乾物は,よくスーパーでも色々な量で売られていますよね.
 家は100円くらいの使いきりサイズを買って,作り置きおかず(常備菜)に煮物にしてしまいます<(^▽^)> 


ひじきミネラルが豊富なんですわーい(嬉しい顔)

 ミネラル・・・鉄分は貧血にいいですし,海藻に多く含まれるヨウ素は甲状腺ホルモンの原料になって,やる気などを向上してくれます.そして注目なのが,亜鉛です.亜鉛はインスリンの原料なんですよ(^▽^) 不足すると,糖代謝に必要なインスリン不足にもなりやすいので,ミネラル補給に海藻を食事に加えるのがいいですね☆ 

 今回は,大豆を水戻しして水煮にするまでの手順も記録してみました(^^v
>>作り方とカロリー計算

  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | 常備菜レシピ

ニンニク味噌

ニンニク味噌 ニンニクって,皆さんのご家庭ではどんな風に使ってらっしやいますか? そのまま焼いて,おつまみにしたり,スライスして野菜炒めやペペロンチーニのパスタにする・・・色々使い道はありますね.滋養強壮の塊ですから,食欲が無い時,体が弱っている時など摂取できるといいですよね.

 今回紹介する「ニンニク味噌」ですが,私と父にとって,母の入院時の激動の介護生活時に頼りになった一品です.毎朝7時には病院へ行き,夜の9時に夕食にありつける生活でした...私も簡単なものしか作れませんでしたが,このニンニク味噌をもろきゅうに添えて,毎日を乗り切りました(TへT) 

 また,母が入院前に買い溜めていたニンニクが,カビそうだったので,一気に使い切る目的もありました.しかし,このニンニク味噌,もろきゅうだけでなく,炒め物や味噌・キムチ鍋の調味料としても大活躍です.ぜひ,ニンニクが安い時は,3個ほど一気にニンニク味噌にして,常備菜に加えてください.

<材料>
 ニンニク3個 (60kcal)
 ごま油大さじ1(80kcal)
 味噌40g    (80kcal)
 砂糖小さじ6  (73kcal)

 合計293kcal 

 出来上がりは,下の写真の量くらい出来ます

 作り方
 ニンニクは皮をむき,みじん切りにする.ごま油でニンニクを火が通るまで炒めます.その後,砂糖,味噌を加えて軽く炒めてできあがりです.
 ニンニク味噌

  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | 常備菜レシピ

手作り りんごジャム

りんごジャム 先日,父が糖尿病食・ダイエットで−10kgに成功したので,父に何か食べたいものはないかと,リクエストを聞いたところ,,,なんでもTVでやっていた,お手軽簡単に出来る,アップルパイを作って欲しい揺れるハート とのことでした...

 丁度,冷凍庫に古いパイ生地も残っていたので,それなら作ってみようということになり,先ずは具になる林檎の甘煮(りんごジャム)を作ることにしましたわーい(嬉しい顔)
>>作り方とカロリー計算

  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | 常備菜レシピ

きんぴらごぼう

ひさびさの,畑のきのこ,更新です(^ω^)

最近は,骨折した母の手のリハビリも進み,大分調理を1人で出来るようになって来ました.

(といっても,味付けは母流のままだと,油や砂糖などの調味料が多くなるので,糖尿病食としては,まだ改善の余地あり,,,というところです.私と母と調理番が変るだけで,調味料の減り方が随分違うのに驚きましたたらーっ(汗)

糖尿病食の基本は,薄味. 濃すぎるオカズは,ご飯をたくさん食べたくなりますからね.関西風の出汁を効かせて,しょうゆ・砂糖などの量を減らすのがポイント.

ですが,母の18番,お正月の定番料理で,私も常備菜としてよく作るのが,きんぴらごぼう.

食物繊維もたっぷりですし,味付けさえ気をつければ,ストックおかずとしても重宝してくれます.


きんぴらごぼう

>>作り方とカロリー目安

  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | 常備菜レシピ

筍レシピ

 もう一方のブログ、『糖尿病食のレシピ付き ダイエット・ブログ』 にて、今が旬のタケノコ・レシピなどを一覧に追加しました(^ω^)。
 
 といっても、簡単なものばかりですが、タケノコの下処理(灰汁抜き)などもリンケージしていますので、この時期の旬をお楽しみくださいわーい(嬉しい顔)

  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | 常備菜レシピ

きのこの和え物 10種

yakinikukinoko.jpg 2013年10月18日
 
 キノコのおいしい季節になりました。
 
 常備菜として、うちではシリコンスチーマーでチンしたキノコだねがあるのですが、キノコだねを超かんたんな和え物にしているので、記事にしてみようと思います。
 
 まずは、キノコ1株につき、シリコンスチーマーに入れ電子レンジで1分チンします。
 
 このとき水分は入りません。キノコから自然と水気がでますので。
 
 また、保存時には水気があると腐りやすくなるので、チンした後、キッチンペーパーで水気をとって冷蔵保存してください。
 

>>作り方

  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | 常備菜レシピ

にんじんとひじきの和え物

ninnjinnhijiki.jpg 万能なスライサーがあると便利ですね。

 例えば、にんじんしりしりや大根とにんじんのなますを作るときに使えるスライサー。

 包丁で細切りにしなくても、シャッカシャッカと細切りを作ってくれます。



 さて、今回はとっても簡単な常備菜を紹介します。

 ちなみに皆さんは、生ヒジキってご存知ですか?

 ヒジキの旬が3〜4月なんですが、その時期になるとスーパーの海鮮コーナーに、生食用ヒジキのパックが売られていることがありますので、時期になったらチェックしてみてくださいね。



>>材料と作り方

  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | 常備菜レシピ

にんじんしりしり

ninnjinnsirisiri.jpg テレビでにんじんしりしりを紹介していたので、我が家でも作ってみることにしました。

 ただし、我が家の場合、高コレステロールの人がいて医者から卵NGを言い渡されています。

 なので今回紹介するにんじんしりしりは、卵抜きのものです。

 それでも美味しい常備菜なので、作ったことが無い人は試してみてください。



<材料とカロリー(6食分)>

 人参         1本   60kcal
 シーチキン缶   1個   60kcal
 麺つゆ      大さじ2
 胡麻油      大さじ1 120kcal

 合計 240kcal、1食分40kcal。

 糖尿病食の計算では、80kcalを1単位とし、1食5〜6.6単位で済ませるのが目標です。

 にんじんしりしり1食分は40kcal=0.5単位ですので、ビタミンA(カロテン)・カリウム・食物繊維を取れる一品なのに、かなりカロリーが抑えられていると思います。

>>作り方と応用

  糖尿病食レシピ集(写真有り)に戻る

   糖尿病食レシピ集(写真無し)に戻る
 
posted by はたけ(^ω^)さん | 常備菜レシピ